【空の儀 】

【空の儀】


b0399784_07324507.jpg


あの頃のことを、いまここで、はじめて言霊に出します。


2016年12月13日にも【空】を謳った。


『どこまでも 青 どこにいても 逢おう』


会えない時は
空を見てね
いつも、見守っているよ

幼い光は
『愛』に出逢い『愛』を知る
幼い光は
『愛』の重さに 術もわからず
『愛』に戸惑う
幼い光は
籠から解き放たれ
それが『愛』と 後に知り
闇の中で光に憧れ
『愛』を奪い
『愛』を失い
『愛』を知る
幼い光は
大きな大きな『愛』の中で
『光』を 育んでいた ことを知る
『愛』はすでにあったと
大きな大きな『愛』の中で
小さな幼い光は
『愛』に とけて
ひろいひろい『青空』になっていた


miko







私は、35歳の誕生日に離婚した。それから、私は、すべて失って【空】になった。【無】になった。同時に【無限】になった。それからは、結婚していたことも忘れてしまうことがあるが、ふと、この季節になると思い出す。『ひとりで大丈夫か?絶対に、しあわせになれよ。』と、最後に、握手をして私の手をゆっくり離し、振り替えることもなく、愛しているから、愛を持って【自由】を誕生日プレゼントとしてくれた彼の優しさ。私は、その優しさに答えること、しあわせになることを前向きに、全身全霊で毎日を生きてきた。あれから、6年。



同じ台詞を、あの時も、そう言われた。
『みこだけは絶対にしあわせになれよ』最後の言霊を遺して、

その彼は、28歳。私が25歳の時に交通事故で亡くなった。


49日間、ずっとずっと供養をして、

最後の夜に夢枕に立った彼。

『車はもう乗れんから、チャリンコで、空に行ってくるわ!じゃあ、またな、みこ』って、旅立った彼。

【しあわせになれよ】と、
お空さんは、いつも私に語りかける。

【私は私をしあわせにすること】

【彼らの分までしあわせになること】



いまここに、私は、たくさんの人たちの【愛】につつまれ、【愛】を感じながら生きている。そして大好きな【お空さん】は、ずっと私のうえで、どんな私でもずっとずっと変わらず瑠璃色のひかりのなかで見守ってくれています🌏この言霊をいまここに表現することができたのも、いまここの私の周りの人たちの【愛】のおかげさまです。ありがとう。ありがとう。ありがとう。本当に、ありがとう。


書いていたら泣けてきた。

大好きなみんなへ


ありがとう


miko



by miko3253256868 | 2018-12-13 22:33 | みこみこと【お空】 | Comments(0)

実生活はキセキの大人かわいいビジネス人! 次世代体感系神仏習合サラブレッド女子みこです!幼少期から身につけた論理に基づく 笑顔溢れるみこ的宇宙の法則で 心とからだを浄化して元の氣に戻し 真の愛と豊かさへと導きます!読者の方の毎日が笑顔溢れる弥勒の世になりますように✨


by 弥勒のみこちゃん